IPv6対応について

ホーム ] 上へ ] サイトマップ ]


IPv6対応のサーバ仕様

IPアドレス表記

 今までのIPv4は32ビットでしたが、IPv6は128ビットとなります。そのためIPアドレス表記が変わります。

 2f.netのIPアドレスは、202.124.214.1972001:380:5803:1:224:1dff:fe63:73c0の両方があります。

ネットワーク環境

 バックボーンのルータ以降はすべてネットワークがIPv4とIPv6のdual stack環境です。

Webサーバ

 IPv4,IPv6区別なく、アクセス可能です。

CGIについて

 REMOTE_ADDRのように直接IPアドレスを扱う場合、返ってくる表現がちがいます。202.124.214.197::ffff:202.124.214.197になります。以下のような修正が必要になります。

$myip = $ENV{'REMOTE_ADDR'};
if($myip =~ /::ffff:/) {
# IPv4 address
 $myip =~ tr/::ffff://;
} else {
# IPv6 address
 $myip = '0.0.0.0';
}

専用サーバについて

IPアドレス割り当てについて

 既にRAが稼働しています。サーバ本体がIPv6対応すれば、ステートレスアドレス自動設定されます。逆引きについては、ご連絡いただければ設定します。

 FreeBSD であれば、/etc/rc.conf に ipv6_enable="YES" と設定するだけです。

IPアドレス手動設定

 お客様ご自身で設定することも可能です。
 これについてはもうしばらくおまちください。

DNSセカンダリ設定

 以下のIPアドレスについて許可する様にお願いいたします。

202.124.214.195, 2001:380:5803:1::3

構内接続について

IPアドレス割り当てについて

 既にRAが稼働しています。サーバ/PC/ルータがIPv6対応すれば、ステートレスアドレス自動設定されます。逆引きについては、ご連絡いただければ設定します。


Copyright (C) 1998-2017 by KEYTEC.
E-Mail: